自分で浮気調査したり探偵に依頼する前に



パートナーがなんかおかしい……と感じたのなら

かなりの確率で浮気をしていると考えて下さい。

1人で悩み、自分でできる事(普段の会話やスマホや手帳をコソっと見てみたり)を考えたり、感情にまかせ、直接「浮気しているの?」と聞いてみようと考えていると思います。

もし計画なく行動に移し浮気はしていなくて勘違いだった場合、パートナーからの信用を失ってしまう事となり夫婦関係が悪くなる可能性が、また浮気をしていたとしても、あなたが疑っていることが分ればより巧妙な手口になり証拠取得が難しくなります。

プロの探偵に浮気調査を依頼する前に、冷静になって考えて下さい。

浮気調査する前に

どういう結末を望んで浮気調査するのか?

ということが大事です。

結末を決めて調査する方が、金銭的にもムダがないです。

いろんな方がいますよね?

①相手が分かるだけで良い

②浮気を止めさせたい

③別れる(離婚等)

④パートナーに慰謝料を請求したい、あるいは浮気相手に慰謝料を請求したい、あるいは両方に・・・

⑤将来別れる(離婚等)時のお守りが欲しい

⑥パートナーに復讐したい、あるいは浮気相手に復讐したい、あるいは両方に・・・

大きく分ければ、この6つでしょう。

①②③に関しては、簡単に分かることなので、さほど費用は必要ないです。

事実を知って、別れる別れないは、本人の気持ちですし・・・

④に関しては、裁判等で争う場合には、必ず裁判で使える証拠が必要です。

しかし、

離婚することが前提であるかどうかで、慰謝料の金額がかわります。

⑤に関しては不貞行為の時効があるので、慎重に・・・

⑥.には、復讐の内容によっては注意が必要ですね。

浮気をするタイミング

浮気相手と過ごすようになると、よくあるのが、急な飲み会と残業で帰宅時間が遅くなったり、休日出勤や出張が増えてきます。また連絡を取れない時間が増えたりとなんらかの変化が起こるので、まずは「浮気をしているのではないか?」と思われるタイミングを把握しておきましょう。

  • 「隔週の金曜日が帰宅が遅い」
  • 「出張の現地への前乗りが増えた」
  • 「残業の日は、帰宅後すぐにお風呂に入るようになった」
  • 「休日前日は必ず接待に行く」

そして実際に探偵に浮気調査を依頼する場合や裁判での証拠になりますので、カレンダーなどにメモしておいてください。

カレンダーにメモする内容は、

  • 出勤および帰宅時間
  • 帰宅時間が遅かった際の言い訳
  • 帰宅後の食事の有無
  • 休日に1人で出かけた際の行先と外出時間
  • 車の走行履歴やETCの確認

行動や帰宅時間も重要ですが、その他に気になったこともメモしておきましょう。

夫の浮気

ご主人の浮気は、「残業している割に給料が上がらない」「飲み会や接待が多くなった」「休日のゴルフが多くなった」「出張が多くなった」「出かける前や帰って直ぐにお風呂に入る」という特徴があります。

「この日、ゴルフに行くかもしれないし、もしかしたら泊まりかも。まだ確定はしていないけど」といった場合は、相手の女性のタイミング待ちというケースが多いです。

妻の浮気

奥様が浮気を始めたら、お風呂に携帯電話を持って行くようになります。

バレてもいいという末期症状以外は、LINEなどでボロが出ない限り態度などで勘付くことはほとんどありません。
やはり、ポイントは
「スマホを常に触る時間が多くなる」「服装や下着の趣味が変わった」などが、多いような気がします。

証拠となる画像と行動のメモをしましょう。

ダブル不倫

ダブル不倫は、仕事終わりやお昼に会うことが圧倒的に多く、逆に休日は家族と一緒なので、動かない事が多いです。

土日に動き出す場合、女性側は、ある程度覚悟が決まっている場合が多いので、気を付けてください。

最後にひとこと

法律的に問題がある復讐は絶対ヤメておきましょう。

どのような場合でも、法律的に使える証拠を確保した方がベストなのだということを忘れずに。

でも、決めるのはあなたなのです。

運命とは、人という性格の中にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です