タグアーカイブ 浮気発見

著者:dameyo

浮気調査の準備は、ゴールデンウィーク前の今から



ゴールデンウィークと浮気調査の関係と言っても、全く関係ないように見えますが、実はとても深い繋がりがあります。
ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の長期連休というのは、家族と過ごす時間が増えます。

会える時間がなくなる

それは、浮気、不倫をしている人にとっても同じ。

なので、普段、会社帰りや、日中にコッソリ密会をしていた人達にとって、その時間が無くなるということになります。
結果的に、長期連休前に密会する可能性が増えたり、または連休中にコソコソ出かけていったり、連休後に颯爽と出かけたりと、わかりやすい行動が見えます。明日から会えない、だから今夜は…と、退社後の時間を使って会う可能性が。連休明けには、旅行先のお土産を渡すために会う可能性が。1週間以上会えなかったことにより久しぶりに会う可能性と言った様にそれぞれの理由が想定出来るのです。

連休中にしても、急に買い物に出かけたが数時間、音信不通になったり、会社に用があるからと出かけたり、家族の元を離れて、コソコソ電話をしていたり。

家族と一緒に過ごす時間が多いからこそ、見えてくる真実。

それだけ、GWというのは、本当の行動が見えやすくなるため、重要ということですね。

GWに入る前の今、そして入った後、と観察することで真実は見えてきます。
冷静な視点で見ていきましょう。

また、別れたくない、離婚したくないと悩んでいる方にとっては、もっとも大切なのがコミュニケーションを取る時間があると言うこと。

普段、日常生活の中では、時間が合わない、育児や家事、仕事が忙しいと言った様々な理由から、夫婦関係、男女関係の歯車が狂いがちです。

お休みで時間がある分、この時間を生かさない手はありません。

一緒に食事を採るだけでも、買い物に行くだけでも、公園に行くだけでも良いと思います。
何か、共有できる時間を設けつつ、今の時間を大切にしながら、昔の幸せを思い出す時間にして欲しいと思います。

そうすることで、離れつつあった気持ちを取り戻す切っ掛けにもなります。
ぜひ、有意義なゴールデンウィークにして欲しいと思います。

最後にもう一度言いますが、大型連休の前後は、浮気・不倫カップルに動きが見られる時期でもあります。

連休中は、家族サービスに意識が向きます。もちろん、物理的にも会えません。

このことから、浮気をしているかどうか、疑念を抱いている方は、連休中の行動に目を向けるより、連休前後の動きを気にしていた方がわかりやすいと言えます。

もちろん、証拠を押さえたいという方も、このタイミングを図ると押さえられる可能性が高まります。

そして、会えない二人は、あなたに隠れてコッソリ、LINEやメールで連絡を取り合っているかもしれません。
だからといって、その現場を見ただけで、追求しても問題は解決しません。

連休前後の動きにフォーカスして、心の繋がりを一層強める冬が訪れる前に、解決を目指しましょう。

特に、この時期に注意しなくてはいけないのが、“焦り”です。

「どこに行くの?」
「誰に電話しているの?」

安易に出てしまうこれらの言葉は、警戒心を持たせてしまいます。
そして、さらに証拠隠滅など図られてしまいます。

結果として、問題解決までの時間が長引いてしまうと言うことになりかねません。

“焦り”によって起こしたその行動は、冷静な判断が伴っていません。

著者:dameyo

パートナーの行動を車や電車の移動履歴から調べる方法



夫や彼氏(妻や彼女)の疑わしい行動。しかし証拠がなければ何を言っても通用しません。また調べているのがバレたら隠蔽されてしまうことや、行動を自粛される可能性もあります。それでは元も子もありません。
何をするにしても証拠は必要です。あの人がどこに行っているのか、そんな行動の履歴を調べておけば、あとあと役に立つかもしれません。曜日や時間帯が決まっているなら何かしらあるということです。

自動車での通行履歴を調べる

車での移動が多く、またETCカードを使って高速道路を利用しているのなら、パートナーにまったく気づかれることなく、どこの料金所を通ったか一瞬で調べることができます。

1.車のナンバー、ETCカード番号(16桁)、車載器管理番号(19桁)を調べておく。
2.ETC利用照会サービスにアクセス。
3.「ETC利用証明書発行」をクリックして「同意する」をクリック。
4.調べたい車のナンバー、ETCカード番号を入力。

これで、何時何分に何インターから乗り降りしたかなど、すべての通行履歴を自宅のパソコンから見ることができます。

電車での乗車履歴を調べる

電車での移動がメインの場合、Suica、ICOCA、PASMOなどの改札記録を自宅のパソコンから調べることができます。パートナーが寝ている間に、おサイフケータイやICカードを持ち出して、ワンタッチで調べましょう。

1.ソニーのPaSoRi(パソリ)を用意。価格は2,500円~。
2.専用ソフトをパソコンにダウンロード。
3.パソコンとパソリを接続し、おサイフケータイやICカードをカードリーダーの上に置く。

これでパソコンに乗車履歴が表示されます。なお、閲覧しても履歴は残らず、通知もされませんので、何回見てもバレません。

わざわざパソリを用意しなくても、NFC付きのAndroid端末があれば「Suica Reader」で乗車履歴を調べることができます。

関連記事:【浮気調査に使えるアプリ

関連記事:【スマホアプリでの浮気調査は違法なの?

改札通過情報をメールで送らせる

ICカード(PITAPAなど)を使って改札通過情報をメールで送らせる方法があります。


あんしんグーパス


小田急あんしんグーパス


エキッズ

18歳未満の子ども向けサービスなので子どもがいることが前提となります。子どもに持たせることにして必要書類をそろえ、改札通過情報を登録。ターゲットに使わせれば、駅の改札を通過するごとにメールが届きます。

関連記事:【自分で浮気調査する場合の注意点(尾行)

iPhoneを簡易GPSにする方法

1.中古のSIMフリーiPhoneとプリペイトSIMカードを用意。
2.iPhoneにプリペイトSIMカードを挿す。
3.「iPhoneを探す」機能を有効にする→「簡易GPS端末」の完成。
4.パソコンよりiCloudの設定を行ない、簡易GPS端末(iPhone)がどこにあるか調べられるようにする。
5.メニューにある「iPhoneを探す」で、簡易GPS端末(iPhone)の居場所を地図上で見ることができる。

■実際の使用方法

まず、LINEや着信の音(バイブ)でバレるのを防ぐため、設定ですべて通知をオフにしておきます。

そしてターゲットの目を盗み、カバンの底板の下にこっそり忍ばせます。外出に車を使用するターゲットであれば、車内には隠せる場所が多いと思います。

また、iPhoneであればGPS端末という認識がないので、うまく誘導すれば普通に持たせることも可能かもしれません。

あとは「iPhoneを探す」で居場所を特定するだけです。

著者:dameyo

浮気を疑ったら聞いて確かめるべし!



探偵・興信所のホームページを見ると、『調査を察知されないように、対象者に浮気を疑っている様子を悟られないようにして下さい。』みたいなことが書いてあるのですが、それも、間違いではないと思います。

しかしながら私の場合、極限まで探偵・興信所を使わず浮気調査をしましょう!という教えをする者としては、逆の考えで、

『浮気とかしてないよね?』と、言ってみて欲しいのです。

あるべき場所にあるべきモノがない

パートナーに『浮気とかしてないよね?』とか聞いた後、もし浮気をしているのであれば、これまでよりLINEでのメッセージが少なくなったり、或いはFacebookでの投稿が少なくなったり、当然パソコンやスマートホンのメールの削除もするでしょう。

今まで不自然に感じていた行動も減るでしょうし、あるべきメールや行動がなくなっていきます。

必ず、そういった何らかの変化が出るものです。

何の変化も現れない場合は、浮気をしていない、または、あなたが変化を感じ取れない、パートナーは浮気がバレても構わないと思っている、といったところでしょうか。

急に優しくなったり、マメに連絡を入れてきたりもするでしょう。

でも、それも長続きするわけないんです。

経験上のことですが、相手が慎重になればなる程、後から出て来る証拠は大きなものとなります。

自分でできる浮気調査のFacebookページに【いいね!】すると、

浮気防止効果が期待できる?かもしれません。

捜査関係者が教えてくれたこと

よく新聞とかニュースで、『○○逮捕はXX日か?来週にも家宅捜索・・・』とかありますが、そんな記事が出てしまうと、証拠を隠してしまうんじゃ?

と思われがちですが、実は、あれは作戦なのです。

証拠を隠してくれるのを待っているのです。

何で?

捜査関係者によると、家宅捜索に行くと、あるべき物があるべき場所にないのだそうです。

分かりますか?

あるべき物があるべき場所にないというキーワード

これは、友達である現役検事から聞いた話ですが、

『あるはずの物がないことが1つの証拠になりうる。』

さらに、尾行して、(新聞等にリークした時点から)

どこに何を持ち出すのかチェックし、誰と繋がっているのかも分かるのだそうです。

これは、パートナーの浮気調査にも応用できます。

何か上手にリークしておくと、勝手に動いてくれると思います。