パートナーの行動を車や電車の移動履歴から調べる方法





夫や彼氏(妻や彼女)の疑わしい行動。しかし証拠がなければ何を言っても通用しません。また調べているのがバレたら隠蔽されてしまうことや、行動を自粛される可能性もあります。それでは元も子もありません。
何をするにしても証拠は必要です。あの人がどこに行っているのか、そんな行動の履歴を調べておけば、あとあと役に立つかもしれません。曜日や時間帯が決まっているなら何かしらあるということです。

自動車での通行履歴を調べる

車での移動が多く、またETCカードを使って高速道路を利用しているのなら、パートナーにまったく気づかれることなく、どこの料金所を通ったか一瞬で調べることができます。




1.車のナンバー、ETCカード番号(16桁)、車載器管理番号(19桁)を調べておく。
2.ETC利用照会サービスにアクセス。
3.「ETC利用証明書発行」をクリックして「同意する」をクリック。
4.調べたい車のナンバー、ETCカード番号を入力。

これで、何時何分に何インターから乗り降りしたかなど、すべての通行履歴を自宅のパソコンから見ることができます。

電車での乗車履歴を調べる

電車での移動がメインの場合、Suica、ICOCA、PASMOなどの改札記録を自宅のパソコンから調べることができます。パートナーが寝ている間に、おサイフケータイやICカードを持ち出して、ワンタッチで調べましょう。

1.ソニーのPaSoRi(パソリ)を用意。価格は2,500円~。
2.専用ソフトをパソコンにダウンロード。
3.パソコンとパソリを接続し、おサイフケータイやICカードをカードリーダーの上に置く。

これでパソコンに乗車履歴が表示されます。なお、閲覧しても履歴は残らず、通知もされませんので、何回見てもバレません。

わざわざパソリを用意しなくても、NFC付きのAndroid端末があれば「Suica Reader」で乗車履歴を調べることができます。

関連記事:【浮気調査に使えるアプリ

関連記事:【スマホアプリでの浮気調査は違法なの?

改札通過情報をメールで送らせる

ICカード(PITAPAなど)を使って改札通過情報をメールで送らせる方法があります。


あんしんグーパス


小田急あんしんグーパス


エキッズ

18歳未満の子ども向けサービスなので子どもがいることが前提となります。子どもに持たせることにして必要書類をそろえ、改札通過情報を登録。ターゲットに使わせれば、駅の改札を通過するごとにメールが届きます。

関連記事:【自分で浮気調査する場合の注意点(尾行)

iPhoneを簡易GPSにする方法

1.中古のSIMフリーiPhoneとプリペイトSIMカードを用意。
2.iPhoneにプリペイトSIMカードを挿す。
3.「iPhoneを探す」機能を有効にする→「簡易GPS端末」の完成。
4.パソコンよりiCloudの設定を行ない、簡易GPS端末(iPhone)がどこにあるか調べられるようにする。
5.メニューにある「iPhoneを探す」で、簡易GPS端末(iPhone)の居場所を地図上で見ることができる。

■実際の使用方法

まず、LINEや着信の音(バイブ)でバレるのを防ぐため、設定ですべて通知をオフにしておきます。

そしてターゲットの目を盗み、カバンの底板の下にこっそり忍ばせます。外出に車を使用するターゲットであれば、車内には隠せる場所が多いと思います。

また、iPhoneであればGPS端末という認識がないので、うまく誘導すれば普通に持たせることも可能かもしれません。

あとは「iPhoneを探す」で居場所を特定するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です