浮気を疑ったら聞いて確かめるべし!





探偵・興信所のホームページを見ると、『調査を察知されないように、対象者に浮気を疑っている様子を悟られないようにして下さい。』みたいなことが書いてあるのですが、それも、間違いではないと思います。

しかしながら私の場合、極限まで探偵・興信所を使わず浮気調査をしましょう!という教えをする者としては、逆の考えで、

『浮気とかしてないよね?』と、言ってみて欲しいのです。



あるべき場所にあるべきモノがない

パートナーに『浮気とかしてないよね?』とか聞いた後、もし浮気をしているのであれば、これまでよりLINEでのメッセージが少なくなったり、或いはFacebookでの投稿が少なくなったり、当然パソコンやスマートホンのメールの削除もするでしょう。

今まで不自然に感じていた行動も減るでしょうし、あるべきメールや行動がなくなっていきます。

必ず、そういった何らかの変化が出るものです。

何の変化も現れない場合は、浮気をしていない、または、あなたが変化を感じ取れない、パートナーは浮気がバレても構わないと思っている、といったところでしょうか。

急に優しくなったり、マメに連絡を入れてきたりもするでしょう。

でも、それも長続きするわけないんです。

経験上のことですが、相手が慎重になればなる程、後から出て来る証拠は大きなものとなります。

自分でできる浮気調査のFacebookページに【いいね!】すると、

浮気防止効果が期待できる?かもしれません。

捜査関係者が教えてくれたこと

よく新聞とかニュースで、『○○逮捕はXX日か?来週にも家宅捜索・・・』とかありますが、そんな記事が出てしまうと、証拠を隠してしまうんじゃ?

と思われがちですが、実は、あれは作戦なのです。

証拠を隠してくれるのを待っているのです。

何で?

捜査関係者によると、家宅捜索に行くと、あるべき物があるべき場所にないのだそうです。

分かりますか?

あるべき物があるべき場所にないというキーワード

これは、友達である現役検事から聞いた話ですが、

『あるはずの物がないことが1つの証拠になりうる。』

さらに、尾行して、(新聞等にリークした時点から)

どこに何を持ち出すのかチェックし、誰と繋がっているのかも分かるのだそうです。

これは、パートナーの浮気調査にも応用できます。

何か上手にリークしておくと、勝手に動いてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です